体臭お悩みドットコム

ワキガ,口臭,足の臭いなどの気になる体臭を克服して、毎日を安心して過ごすための情報をお届けします。

デオシークのワキガへの効果を検証。リニューアル後の変更点も解説

デオシークは、ワキガのにおいをシャットアウトする医薬部外品のワキガクリームです。

デオシークは通販で販売されているデオドラントクリームの中でも実績と評判では常に上位を位置しているほど、ワキガには定番の商品となっています。

デオシークシリーズにはデオドラントクリームの他、体臭予防のサプリやボディソープもありますが、今回はワキガへの効果を確認するため、デオドラントクリームのみを使った体験レビューになります。

さらにデオシークは2019年に大幅なリニューアルをしました。今回のレビューはリニューアル前のデオドラントクリームのものになりますが、リニューアルした内容もプラスして述べていきたいと思います。

デオシークを1ヶ月間使用してみました


今回もデオシークをいろんな条件で使ってみました。ただし、今回はリニューアル以前のものをレビューしました。

また、今回のレビューはあくまでも筆者個人の実体験による感想であり、効能や効果を保証するものではありません

今回、デオシークを使用する際には、以下の条件でおこなうこととしました。

使用するタイミングおよび条件

デオシークを連日継続して使用する際には、わきの下を綺麗な状態にしてから塗布するようにしました。


原則は1日1回、お風呂上がり直後に塗布しています。デオシークのホームページでは朝と夜の1日2回の使用を推奨していますが、すでに体験したクリアネオやデオラボクリームと同じ条件にするため、原則はお風呂上り直後の1日1回としました。


片方への使用量はこのくらい。クリアネオで使用したのとだいたい同じくらいの量で、デオシークの容器で2プッシュ分になります。

この量のクリームをわきの下で最も汗が出る箇所(シワ部分)を中心に塗布し、あとは指の腹を使ってわきの下全体にクリームが行き渡るように伸ばしていきました。

汗の量が多い時には追加で塗布しました。追加塗布する際には必ず汗拭きシートでわきの下の汗を拭き取ってから規定量のデオシークを塗布しました。

デオシークの使用感

デオシークは、クリアネオやノアンデといった高価格帯のワキガクリームと比較してどれくらいの効果があるのか?特に消臭と制汗の効果に注目して使用を続けました。

クリームの硬さはやや柔らかめ

デオシークそのものはほぼ無臭、クリームそのものはクリアネオよりは若干柔らかい印象です。

ただし、デオラボクリームほどの柔らかいものではなく、「クリアネオとデオラボクリームの中間からややクリアネオ寄りの硬さ」と言った方が適切だと思います。

そのため、クリアネオより広範囲に塗り広げることができますが、多少手にベタつきは残るような印象があります。

消臭効果は高い

デオシークの消臭効果は高く、多少のわき汗が出たくらいでもにおいはほぼシャットアウトされています。

ただ、制汗効果のところで解説しますが、初期の制汗効果が弱い段階では、多少においが抑えきれていないと感じるときがありました。

制汗効果はクリアネオよりやや弱め


デオシークを使用してちょっと気になったのが、制汗効果の方。制汗効果はクリアネオと比べるとやや弱いかな~という印象でした。

ただし、制汗効果がまったく無いわけではありません。どちらかというと制汗の効果が出るのが遅いといった印象です。

デオシークの制汗効果はすぐに実感できるというよりも、毎日継続して使うことで徐々に制汗効果が高まるといった感じです。

デオシークの使用を止めてしばらくしてからクリアネオに切り替えたりして汗の出を何度か確認してみましたが、やはりデオシークの方が制汗効果が弱いことは間違いないと思います。

デオシークの高い消臭効果は間違いないのですが、それでも汗の量が多い時にはわずかににおいが抑えきれていないようにも感じました。ただし、それは鼻をわきの下に近づけたときに感じる程度のものなので、広範囲にワキガ臭が広がるような程度のものではありません。

プッシュタイプのボトル容器で最後まで無駄なく使える

デオシークはプッシュタイプのボトル容器であるため、1プッシュの量は常に同じ。さらに、中のクリームが最後まで無駄なく出るタイプなので、最後まできっちりと使い切ることができます

クリアネオも以前はプッシュタイプのボトル容器でしたが、現在はチューブタイプへ変更になりました。チューブタイプの利点は量の微調整がおこなえることと、プッシュタイプに比べて容器の大きさをコンパクトにできることくらいですが、実際の使用量から考えると、両者でそこまで大きな差はないと思います。

また、デオシークはサイズもコンパクトなため、お出かけ時にカバンに入れておいても邪魔になることはありません。

さらにボトルタイプのハード容器のため、プッシュ部分のふたをしておけば、カバンの中で潰されて不意に中のクリームが出てしまうこともないので、外出先でも安心してお使いいただけます。

リニューアルしたデオシークはココが変わった

実はこのデオシーク、2019年3月に容器の外観から中のクリームまで大幅にリニューアルしました。

これまでもワキガへの効果や実績が高かったにもかかわらず、ユーザーからの意見を反映し、さらに最善を尽くし改善をしました。

今回のレビューでは、リニューアル前のデオシークの体験レビューをお伝えしましたが、さらに追加された部分ついて説明します。

新成分『デオサラサ』と200%柿タンニンによる相乗効果

リニューアルしたデオシークでは、これまでの有効成分に加えて、新成分である『デオサラサ』を配合。


『デオサラサ』とは、表面に小さい穴がたくさんある(多孔質)、いわばシリカゲル粒子です。要するにデオサラサは活性炭と同じような構造,機能があり、さらに活性炭には無い機能がプラスされたと思っていただければ良いかと思います。

多孔質は表面積が大きいため、その分におい成分を吸着してにおいを抑えることができます。さらにデオサラサには有効成分を穴の中に染み込ませて、それらを少しづつ放出させることで有効成分の効果を長時間持続させるという特性を持っています。

そしてこのデオサラサの特性を最大限活用するため、従来のデオシークにも含まれていた柿タンニンをさらに200%増量しました。

柿タンニン成分をデオサラサへ吸着させて、塗布した皮膚上で柿タンニンを徐々に放出させるのと同時に、柿タンニンが放出された後の穴に汗や皮脂からのにおい成分をデオサラサへ吸着させることで、ダブルでワキガのにおいをさらに長時間抑え込むことが可能となりました。

デオシークは天然成分の種類を大幅増強。その理由とは?

消臭,殺菌の効果が強くなればなるほど、それに比例して肌への刺激も強くなり、肌トラブルも起こりやすくなります。

デオシークに使用している殺菌,消臭成分は比較的肌への刺激が少ないものを使用していますが、それでも菌を殺すだけの強い成分ではあるので、人によっては肌に合わないといったことも心配されます。

こうした配慮から、従来のデオシークも肌に優しく美肌効果を高めるため、独自の天然成分を使用していました。

デオシークではさらに今回のリニューアルで、天然成分を大幅に追加しました。その理由は、さらなる美肌効果や肌の代謝促進,肌荒れ改善などの複合的な効果を高めることにあります。

リニューアル後のデオシーク内容物
太字はリニューアル時に追加された成分

【有効成分】
パラフェノールスルホン酸亜鉛,イソプロピルメチルフェノール
【その他の成分】
カキタンニン,セージエキス,シャクヤクエキス,アマチャエキス,ユキノシタエキス,海藻エキス(5),加水分解シルク液,ドクダミエキス,1-メントール,2-エチルヘキサン酸セチル,サンザシエキス,タイソウエキス,グレープフルーツエキス,リンゴエキス,オレンジ果汁,レモン果汁,ライム果汁,ウーロン茶エキス,紅茶エキス,チャエキス(1),ワレモコウエキス,ヒメフウロエキス,クワエキス,カモミラエキス(1),ヨモギエキス,ビワ葉エキス,オウゴンエキス,メマツヨイグサ抽出液,ダイズエキス,ローズマリーエキス,オトギリソウエキス,チンピエキス,サクラ葉抽出液,加水分解コラーゲン末,水溶性コラーゲン液(4),サクシニルアテロコラーゲン液,ヒアルロン酸ナトリウム(2),アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,加水分解ヒアルロン酸,架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物,架橋型メチルポリシロキサン,デカメチルシクロペンタシロキサン.PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン,セリサイト,メチルハイドロジェンポリシロキサン,架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体,メチルポリシロキサン,イソノナン酸イソトリデシル,塩化ナトリウム,クエン酸ナトリウム,エタノール,フェノキシエタノール,1,3-ブチレングリコール,ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液,無水エタノール,無水ケイ酸,セタノール,グリシン,濃グリセリン,硫酸亜鉛,精製水

追加した天然成分の中には消臭,殺菌効果を高める機能のものもあり、肌への健康と消臭,殺菌とを同時に高めることにもなります。

デオシークは残量が分かる使いやすい容器へ

デオシークは「エアレスポンプボトル」を採用。エアレスポンプボトルはクリームが無駄なく使い切ることができるよう設計されていますが、今回のリニューアルでさらに残量が分かるよう半透明になりました。

左:リニューアルしたデオシーク
右:リニューアル前のデオシーク

汗の多い夏はクリームを使う頻度が多くなるため、「何度プッシュしてもクリームが出なくて、クリームがすでに切れていた」なんてことがなくなりました。

デオシークのまとめ


今回はデオシークを実際に使った感想と、2019年にリニューアルした内容を中心にまとめました。

他サイトに掲載されているレビューとは若干異なる内容かもしれませんが、実際に使用して筆者が率直に感じたことを正直に述べてみました。

筆者の結論として、デオシークのワキガクリームの使用を続けてみた結果、消臭効果は高いものの、抑汗効果は若干弱いように感じました。

とはいえ、汗の量は使用前と比べると確実に抑えられており、においも他人に気付かれない程度には抑えられているので、軽度のワキガであれば充分な効果は得られるはずです。

もちろん、低刺激の成分を使っているため、デリケートゾーンなどのにおいが気になる部位へもご使用いただけます。複数の第三者機関による安全性試験を実施し、厳しい安全基準もクリアしているので、子供にも安心してご使用いただけます

今回のレビューはリニューアル以前のものを使用したものになりますが、リニューアルバージョンはさらにパワーアップしているため、さらに高い効果が期待できます

とはいえ、あくまでも軽度のワキガ体質である筆者が感じたものになりますが、においや効果の感じ方は人それぞれ。

そのため、まずはデオシークの効果を確かめたいという人へ、デオシークでは全額返品保証を付けています。高価なデオドラントクリームなだけに、この全額返品保証があれば気軽に試していただけると思います。

そしてデオシークは定期購入が断然お得。クリーム単品の定期コースであれば定価(7,980円)から56%offの4,380円(税抜)で購入できます。


さらにデオシークはワキガクリームとの相乗効果を高めるため、ボディソープやサプリも用意しており、これらとのセット購入も可能。しかも単品購入よりもでさらにお得となります。

もちろん、定期コースの購入回数の縛りや違約金の発生は一切無いので、まずは定期コースでの購入がオススメです。

今回のレビューでデオシークが気になったのなら「善は急げ」、さっそくデオシークの定期コースから始めましょう!

デオシーク

デオシーク公式HPはこちら