体臭お悩みドットコム

ワキガ,口臭,足の臭いなどの気になる体臭を克服して、毎日を安心して過ごすための情報をお届けします。

スーツに着いたワキガ臭はクリーニングで落とせる?依頼や管理の注意点は?

スーツに付いたワキガのにおいはクリーニングで取れない?

スーツは皆さんクリーニング店で洗ってもらう方がほとんどだと思います。

スーツに限らず、クリーニングにさえ出せば全ての汚れが落ちて戻ってくると思っていませんか?

「お金を掛けてクリーニングに出したのに、ワキガのにおいが取れない・・・さすがにワキガのにおいまでは厳しいかな?」、そう思われている方は多いと思います。

確かにクリーニング店から戻ってきたスーツはパリッと形も整って綺麗に仕上がっていますが、スーツに着いたワキガのにおいは、通常のクリーニングでは完全に落とすことができません。何も言わずにスーツをクリーニング店へ出せば、ワキ汗やワキガのにおいは取れずに戻ってくるのが普通です。

だからといって、そのクリーニング店が手抜きをしているわけではありません。通常のドライクリーニングは、汗によるにおい汚れを落とすことは想定していないのです。

そもそも、「ドライクリーニング」とは?


ドライクリーニングとは、水で洗うのではなく、石油系溶剤で衣類を洗うことを言います。石油系溶剤は、水(ウェット)ではないから、「乾いている」意味の「ドライ」という言葉を使うんですね。

ドライクリーニングは、水では落ちない脂汚れを落としたり、水で洗うと生地が傷みやすい衣類を洗うのに適しています。

そもそも水というのは、反応性が非常に強い性質を持つため、汗などの水溶性汚れを落としやすい反面、衣類の生地へも強いダメージを与えてしまいます。

一方、ドライクリーニングに使用する石油系溶剤というのはいわゆる「油」であり、水とは正反対の性質を持つので、水では落としにくい皮脂汚れなどの「油系汚れ」を落とせるだけでなく、生地へダメージを与えずに洗うことができます。

しかしながら、汗染みなどの水溶性の汚れは落とすことができません。

要は、ドライクリーニングとウェットクリーニングとでは、相反する性質を持っているのです。

クリーニングに出したら、逆ににおいが付いたケースも


ドライクリーニングで使用する石油系溶剤は、一度クリーニングで使用したのは捨てずに、通常は何度も再利用します。

クリーニング処理によって汚れが溶け込んだ溶剤は、活性炭などの吸着剤が充填されたカートリッジを通すことで多くの汚れが活性炭に吸着されるため、再びきれいな溶剤へと復活し、クリーニングに再利用されます。

クリーニング店によっては経費を安く抑えるために溶剤を何度も再利用し、活性炭処理を繰り返すところもあります。

そのような溶剤の再生処理を何度もおこなうと、溶剤や活性炭が劣化し、溶剤に溶け込んだ汚れを除ききれなくなります。そんな溶剤を使ってドライクリーニングをすれば、逆ににおいが付いて仕上がる場合もあるのです。

においがなかったスーツをクリーニング店でドライクリーニングをしてもらったら、逆に臭いが付いて戻ってきたというご経験をされた方も少なからずいるのは、そういった理由の可能性があります。

そのような経験をされたクリーニング店は、要注意です。

ワキガのにおいや黄ばみは、どのクリーニング店でも対応できるわけではない


とはいえ、スーツやドレスなど、通常はドライクリーニング対応が必要な衣服にワキガの臭いや黄ばみが付着した場合、どのクリーニング店でもニオイ汚れを落とせるわけではありません。

クリーニングに出す際、具体的に落としてほしい汚れを言えばそれなりの対応はしてくれると思いますが、どのにおいや黄ばみも全て落とせるかというと、そういったクリーニング店は少ないのが現状です。

一言でワキガのにおいといっても、ワキガの人が皆同じ単一のにおいということはなく、複数物質の比率や組み合わせによっても異なります。

人によってワキガのにおいが「鉛筆の芯」だったり、「玉ねぎ」や「アンモニア」「香辛料」「鉄っぽい」「酸っぱい」等、様々です。

これは単ににおいを感じる側の表現の違いというだけではなく、明らかにワキガのにおい,汚れの種類が多彩であることを表しています。

溶剤を使用したドライクリーニングで落とせない場合、当然、水で洗うことになるのですが、先述のように生地に与えるダメージが大きいため、スーツやドレスなどは型崩れや縮みが生じやすくなります。

したがって、ワキガのにおいや黄ばみを完全に落とし、かつ、型崩れ等を防ぐには、クリーニング店独自のノウハウや技術が必要。

要するに、ワキガのにおい汚れこそクリーニング店の「腕の見せ所」なのです。

【ダブルクリーニング】スーツのワキガにおいを落としてもらうとき

クリーニング店でスーツのワキガのにおいを落としてもらうには、素直に「ワキのにおいを落としてもらいたいんですが・・・」とダイレクトに聞いても良いですが、女性にとってそれはちょっと恥ずかしいですよね。

ダイレクトに聞きづらい時は、「ダブルクリーニングできますか?」と聞いてみましょう。

ダブルクリーニングと言って「は?」と反応するような新人アルバイトのような店員だったら、「ドライクリーニングの他に、水洗いもできますか?」と、「水洗い」というワードを強調して伝えてみてください。

「ダブルクリーニング」とは、油汚れを落とすドライクリーニングと、汗等の水溶性の汚れを落とすウェットクリーニングの2種類をおこなうことを言います。

ダブルクリーニングをきちんとこなせるクリーニング店というのは、そんなに多くはありません。クリーニング店で全ての洗浄をおこなえるところもあれば、一部工程を外部委託するところもあります。

また、型崩れや色落ちを最小限に抑え、におい汚れを完全に落とすには、かなりの技術を要します。しかも、ダブルクリーニングができるとしても、目的のにおい汚れが落とせるとは限りません。

したがって、ある程度は自分の「お気に入り」のクリーニング店を試しながら探していくという苦労も必要になってきます。

当然のことながら、料金の方も通常のドライクリーニングだけの価格よりは高くつきます。ダブルクリーニングは、価格も「ダブル」に近い、または「それ以上」と考えた方が良いでしょう。

しかし、「ダブル」と表現している以上に技術力を要する手法なので、ある意味、ダブルの価格で済むのはお得感があるとも言えます。

そもそも、スーツは汗を吸わせるための衣類ではない

上記では、スーツのにおい汚れも落としてもらうためのダブルクリーニングについて解説しました。

しかし、そもそもスーツというのは、汗をかいたときに着るようなものではありません。あくまでも外見重視の衣類になるので、汗をかくたびに何度もクリーニングへ頼むようなものでもありません。

したがって、普段からスーツを着るときと着た後では、それなりのお手入れが必要です。

スーツは汗を吸収するような素材ではできていませんので、スーツを着る際には汗を吸収しやすい袖付きの肌着やTシャツを着用し、スーツ自体には汗を吸収させないような対応をしましょう。

着用後は型崩れを防ぐため、直ちにハンガーに掛けてから表面に着いたホコリを取るためにブラッシングし、風通しの良い冷暗所へ最低でも1日以上は休ませるようにすれば、クリーニングへ出す頻度は少なくても大丈夫です。

要は、スーツは「普段からのお手入れ」が長持ちさせるコツです。

まとめ

  • ドライクリーニング(石油系溶剤を使用)とウェットクリーニング(水洗い)は相反する汚れを落とす
  • スーツに付いたワキガのにおいを落とすには、「ダブルクリーニング」を依頼すること
  • スーツは汗を吸収するための衣類ではないので、袖付きの肌着やTシャツをインナーとして必ず着用する
  • 脱いだ後は直ちにハンガーへ掛けてブラッシングをし、風通しの良い冷暗所へ1日以上は保管する
  • そもそもスーツは、汗の吸収を想定していない衣類です。汗染みによるワキガの臭いが付いたとしても、ダブルクリーニングで依頼を出すことで、満足のいく仕上がりがなされて戻ってくる可能性が高くなります。

    ただし、ダブルクリーニングでは水洗いを加えることで、通常のドライクリーニングのみよりも生地の痛みが早くなるので、普段のワキガ臭いの付き具合や期間などを考慮に入れて、クリーニング店へ依頼する頻度を決めてくださいね。

    スポンサーリンク