体臭お悩みドットコム

ワキガ,口臭,足の臭いなどの気になる体臭を克服して、毎日を安心して過ごすための情報をお届けします。

お酒による口臭予防は「当日,翌朝,日頃から!」


飲んだ後のあの酒臭い口臭・・・飲んだ本人は気づかないものの、周囲の人にとっては苦痛でしかありません。

家族はもとより、翌日に女子社員からあまりの臭さに総スカンを食らわないためにも抑えておきたいところです。

でも、そうは知っていながら、つい飲みすぎてしまうのも世の常。

そんなビジネスマンのために、お酒を飲んだ当日からその翌日,さらに日頃から取り組むべき口臭対策までを解説したいと思います。

お酒による口臭の原因は、肝臓と唾液

お酒による口臭は、主に肝臓唾液が起因しています。

肝臓


お酒を飲むとすぐに胃や小腸から吸収され、血液を通って肝臓までたどり着きます。

アルコールは本来であれば肝臓で無害な水と二酸化炭素に分解されますが、肝臓で処理しきれない量のアルコールが入ってしまうと、分解が完全におこなわれないまま血中に溶け込んで全身を巡り、肺に到達して呼気となって排出されます。

アルコールの分解途中の物質がアセトアルデヒド酢酸であり、これらの物質があの「酒臭さ」の構成要素になります。

口の中が乾燥する


お酒を飲むと、アルコールの脱水作用によって口の中の水分も持っていかれます。アルコールの脱水作用で、唾液で潤っていた口内がカラカラの乾燥状態になります。

さらにアルコールには利尿作用があります。先ほどからアルコールは肝臓で完全に分解されれば水と二酸化炭素になると説明しましたが、それらは直ちに尿として排出されます。お酒を飲むとトイレが近くなるのはこのためです。体内の水分量が減少し、それに伴って唾液分泌が抑えられ、口内の唾液量も減少します。

口内の唾液量が少なくなり口の中が乾燥すると、嫌気性菌が繁殖しやすい環境となるため、硫化水素メチルメルカプタンなどといった臭気物質が産出されます。先ほどの肝臓で分解しきれなかったアセトアルデヒドや酢酸とこれらの臭気物質が混ざることで、あの独特な「酒臭さ」となるのです。

お酒を飲んだ当日の口臭予防

水をこまめに飲む


お酒の席では、水分をこまめに摂るよう心がけましょう。

お酒を飲んだ後も水分を多めに摂ることで、血液中のアルコールやアセトアルデヒドの濃度を薄め、早いうちから尿として排出して口臭を抑えることができます。

また、ビールや日本酒ではさすがにできませんが、水割りにして水分を補給するというのも手です。

しかし、水の量が少なければ意味がありません。適度なお酒の配分を心がけましょう。

脂分の多い食べ物を一緒に摂る

アルコールは吸収が速いので、何も食べずにお酒を飲んでいるとすぐに血中のアルコール濃度が高くなり、肝臓へ急激な負荷がかかります。

肝臓に負荷をかけないためには、飲みすぎないことは当然ですが、脂分の多い食べ物を一緒に摂ることも口臭予防の効果があります。お酒のおつまみに脂分の多いナッツ類やチーズを食べるのも、実は理にかなった組み合わせなのです。

お酒を飲むときに脂分を一緒に摂ることで、胃からのアルコールの吸収を防ぐことができます。肝臓への急激な負荷をかけないため、結果的にお酒を飲んだ後の口臭を予防するのです。

ナッツ類やチーズの他にも、オリーブオイルやドレッシングをたっぷりかけたサラダもオススメです。

入浴でしっかり汗をかく


お酒を飲んで帰宅したら、ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かり、しっかりと汗を出すようにしましょう。

血液中のアルコールやアセトアルデヒドを汗として出すことで、次の日の口臭を最小限に抑えることができます。

ただし、入浴前後は充分な水分補給をお忘れなく。

お酒を飲んだ翌朝の口臭対策

飲みすぎた翌朝も口臭が残るのは、ビジネスマンにとって厳禁。

翌日も油断せずに下記に示した朝の口臭対策を実施しましょう。

水をたくさん飲む


お酒を飲んだ翌日も、水分をしっかり摂るようにしましょう。

寝起きのコップ一杯の水は、胃を活性化するだけでなく、口内に潤いを与えます。

また、血液中のアセトアルデヒド濃度を低下させ、早いうちから尿として排出することで口臭を予防する効果があります。

朝食をしっかり摂る


お酒を飲んだ翌朝は食欲がないという方もおられると思いますが、朝食はしっかり摂るようにしましょう。

朝食時によく噛んで唾液を出して口内環境を整えることで、嫌気性菌の増殖を防いで口臭を予防します。

お酒による口臭を日頃から改善する方法

お酒を飲む時だけでなく、お酒を飲むときに備えて普段からの心がけも大事になります。

アルコールの分解に関わる肝臓は、日頃からのケアが必要です。肝臓が正常に機能しなければ意味がありません。

特に脂肪肝は、肝臓が肥満化したものです。本来ならば肝臓で分解されるはずのものが分解されず、機能低下している状態になります。

大事なお酒の席で肝臓に働いてもらうためにも、普段から肝臓を太らせないような下記の生活習慣を送るよう心がけましょう。

肝臓に良い食事をする

まずはベストな肝臓の状態を維持すべく、普段から飲み過ぎや食べ過ぎを控え、常に腹八分目を心がけましょう。

それと同時に、肝臓に良いと言われる栄養素を含んだ食材を摂ることも必要です。


シジミやチーズ,きのこなどに多く含まれているオルニチンは、肝臓の代謝を促す機能があります。昔からお酒を飲んだ次の日はシジミのお味噌汁がいいと言われるのは、肝臓でのアルコール代謝を高める意味で、とても理にかなっているのです。

タウリンの他にも、カレー粉の原料にも使われるウコンに含まれるクルクミンや、イカやタコ,青魚などに含まれるタウリンも肝機能を高める役割があります。

このように、常にベストな肝臓の状態を保つための食生活を心がけましょう。

普段のお酒を控える


いくらお酒の飲んだ時の口臭を予防するといっても、普段からお酒の摂取量が多いと肝臓がうまく機能してくれません。普段からお酒を飲んでいては、肝臓が常に働いている状態となるため、いざというお酒の席で機能してもらえません。

普段からアルコールを摂りすぎると、中性脂肪が肝臓に蓄積し、結果的には脂肪肝にもなります。脂肪肝は著しく肝機能を低下させるため、正常なアルコール代謝を阻害し、口臭や体臭が出やすい体質となります。

普段はお酒を控え、肝臓を休ませてあげましょう。

有酸素運動を取り入れる


食事やお酒の量を制限すると同時に、有酸素運動で肝臓のコンディションを整えてあげることも有効です。

肝臓に付いた中性脂肪は、有酸素運動で簡単に落とすことができるので、特に脂肪肝の人は有酸素運動による効果は絶大です。

通勤時に一つ手前の駅で降りて歩いて会社に向かったり、近くのコンビニへ歩いていくというだけでも効果はありますので、まずは気構えず、ちょっと散歩する感覚から始めることをお勧めします。

まとめ


お酒を飲んだ時の口臭対策は、お酒を飲んだその時から始まっています。

酒の席だからとついつい油断しがちですが、飲んだ後や翌日のことも考えて対応することが必要であることがお分かりいただけたと思います。

以上の対策は口臭だけに留まらず、二日酔い予防の効果もありますので、ぜひ意識して取り入れてみてください。

スポンサーリンク