体臭お悩みドットコム

ワキガ,口臭,足の臭いなどの気になる体臭を克服して、毎日を安心して過ごすための情報をお届けします。

ワキガ臭が身近に感じる、シドニーでのワーキングホリデー


私は現在28歳の男性会社員です。

シドニーでのワキガ体験

一昨年から昨年までの一年間、以前勤めていた会社を辞めて、ワーキングホリデーでオーストラリアのシドニーに滞在しました。異文化を経験できる良い機会にと、家族全員の勧めもあって一年間滞在したわけですが、そこはやはりシドニー、日本と違ってやはり外国人は体臭がきついと、真っ先に体臭のことを実感しました。

特に電車やバスなどの公共交通機関に乗る際などは、ワキガの臭いを感じなかったことは一度もありませんでした。シドニーは比較的多国籍の人が集まる賑やかな街ではありますが、食べ物や体格による違いからなのか、どこに行ってもワキガ臭を感じるため、「このまま1年間、このキツいワキガ臭を嗅ぎ続けなければならないのか・・・」と、シドニー滞在初日は不安に感じたものでした。

食べ物に関しては、シドニーでも日本食や中華、韓国料理店も多数ありましたが、やはりオーストラリア産の肉料理(ステーキなど)が主となっており、それが体臭のきつさに繋がっていたのだと思います。

ワキガの臭いニオイも慣れる?

しかし、人間の嗅覚というのは環境に順応してしまうもので、毎日ワキガのニオイの中で接していると、他人のキツい体臭もさほど気にならなくなります。一年経過した頃には、あまりにもひどい体臭でない限りは、多少のワキガ程度なら意識することなく、全く気になりませんでした。

日本に帰ってきてからは、日本人はワキガの人が少ないという事もあり、しばらくすると元の嗅覚に戻ったようで、以前のように少しでもワキガ臭が臭ってきたときは気になるようにはなりました。海外にいると、日常的に漂うワキガの臭いに嗅覚が慣れて、気にならなくなるという事実を身をもって知りました。

日本人と外国人との体臭に対するギャップ

海外の人は日本人とは違い、自分以外の体臭に関して過剰に反応することはありません。日本人は電車などでワキガの人がいた場合、ほとんどの人が過剰に嫌な反応を見せたりしますが、海外の人でそのような態度を取る人を見た事が一度もありませんでした。体臭が一般化し、誰も気にしなくなるのでしょうね。

日本人は体臭に敏感な国民として知られています。不潔なために体臭がキツいのは清潔へと改善すれば良いわけですが、遺伝が大きく関与するワキガについてはどうしようもありません。確かに日本では海外に比べてワキガの人は少数派ではありますが、ワキガの人にとって日本は辛く過ごしづらい国であるという事をとても感じました。

スポンサーリンク