体臭お悩みドットコム

ワキガ,口臭,足の臭いなどの気になる体臭を克服して、毎日を安心して過ごすための情報をお届けします。

若いママ友に負けない!アラフォー女性の体臭対策


若い時は他人の体臭に敏感ですごく気になっていたのに、アラフォー世代になると逆に自分の体臭が人を不快にさせていないか、とても心配になってしまいますよね?

特に女性はにおいに敏感なため、子供の学校行事やPTA関係の集まりがあるときなどは、自分の体臭で迷惑をかけていないか、人一倍気を遣います。

20代や30代のピチピチの若いママ友がいる中、アラフォーの自分の体臭が気になって、会議中もうわのそら・・・なんてこと、ありませんか?

そこで今回は、そんな悩めるアラフォーママのための体臭対策を解説したいと思います。

アラフォーママの体臭が発生する原因

20代や30代のママと比べれば、どうしても体臭が出やすくなるのは仕方がありません。加齢という自然現象には、どう頑張っても抗えるものではありません。

現状を素直に認め、アラフォー女性の体臭の原因をしっかり押さえ、それに合った対策をおこなうことが重要です。

女性ホルモンの低下


40代以降になると、体内の女性ホルモンの分泌が低下し、あらゆる体臭が出やすくなります。閉経後には女性ホルモンが男性並み、もしくはそれ以下に激減し、男性ホルモン優位になります。要するに、この年代から「男性化」が始まっているのです。

そのため、男性に多い頭皮や体から出る脂臭や加齢臭も男性ほどではないにせよ、このころの年代から目立つようになります。

ストレスの増大


PTAなどのイベントや会議ではアラフォーくらいの年代が場を取り仕切ることが多くなります。そんなときは緊張が多くなると精神的なストレスが増大し、口臭や脂臭,ワキガ臭などのあらゆる体臭が強くなります。

運動不足


若いころは特に何をしなくても肌の状態や若さを維持できているものですが、アラフォー世代になると何もしないと体力は徐々に衰え、それに伴った体臭も増大します。

体中の筋肉量が減少することでの体臭も増大します。

女性は普段から便秘気味の人が多いですが、腹筋が弱くなることで大腸の働きが緩慢になるため、さらに便秘がすすんで体臭や口臭が便のにおいが出るようになります。また、腎臓の機能も衰えることで、アンモニア臭の体臭も出やすくなります。

さらに代謝も悪くなるため、皮下脂肪や内臓脂肪が増大することで肝機能や汗腺機能の低下がおこり、体臭が出やすくなります。

衣類からのにおい


40代前後になると、衣類からのにおいにも気を使う必要があります。

40代前後は女性ホルモンの低下により、男性のように皮脂の分泌が多くなります。皮脂汚れが衣類に付着して繊維の奥に絡みつくと、通常の水洗いによる洗濯では落としきれずに繊維に残ります。

洗濯時にはにおいを感じなくても、着用したときに体温で温められ、衣類に蓄積した皮脂に含まれるにおい成分が揮発することで、本来の体臭以上ににおいが拡散します。

特に直接肌に触れる肌着やシャツ類は注意が必要です。見た目にも黄ばみが残っているようであれば、着たときに強くにおっている可能性大です。

若いママ友に負けない!お出かけ時の体臭対策

若いママ友と違い、アラフォー女性になればそれなりの努力は必要です。

お出かけ前のシャワー


子供の学校行事やPTA活動などでママ友と密になる時には、シャワーを浴びて完全に体臭をリセットしてから出かけましょう。

においの元となる皮脂汚れを落とすのであれば、いつもより1~2℃程度高めの温度設定にし、においの出やすいわきの下や胸元,首回り,背中を重点的にシャワーを流すのが効果的です。

汗拭きシートは必ず持参

汗を放置することで雑菌の繁殖や酸化がおこることで、強いにおいが発生します。

においの出る前から汗を拭き取ることで、においの発生を抑えます。乾いたハンカチよりも濡れタオルの方が汗の拭き取り効果があります。

コンビニやドラッグストアなどで市販されている汗拭き専用のウェットシートには、汗の拭きとり効果が高いだけでなく、制汗や殺菌効果のある成分も含まれています。

ハンカチとは別に汗拭き用として、お出かけの際には必ずカバンの中に入れておきましょう。

汗ワキパッドを最大限活用

わきの下は汗腺が集中しており、体の中でも汗が最も出やすい箇所になります。肌着の内側に汗わき専用のパットを設置することで、肌着へのしみ込みを防いでにおいの拡散を防止します。

特にワキガの人は、汗ワキパット使用によるにおいの抑制効果は大きいので、ぜひとも活用しましょう。

アラフォー女性のための日ごろの体臭対策

アラフォーになると、若い時とは体が違うことを自覚しなければなりません。

アラフォーにはアラフォーなりの体臭対策を着実におこなう、これしかありません。

食事


三食を決まった時間に、栄養のバランスを考慮して摂るのはもちろんのこと、加齢臭を予防するための抗酸化作用のある栄養を多く含んだ食品を多めに摂りましょう。

抗酸化作用のある栄養素は、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンCやE,赤ワインや緑茶 ,大豆やゴマなどに多く含まれるポリフェノール類(カテキン,イソフラボン,セサミノール)があります。こうした食材を日々の食事へ上手に取り入れましょう。

適度な運動


アラフォー女性は何もしなければ体はどんどん衰えていく一方。とはいえ、筋トレのような激しい運動までおこなう必要はありません。つらく感じない程度の有酸素運動あれば十分です。

いつもは近所のスーパーやコンビニへ車や自転車で移動しているのを、ウォーキングに変えるだけでも違います。特に何をすると決めず、忙しい中の細切れの時間を有効活用できるような、ちょっとした運動でも効果があります。

運動することで体力増進だけでなく、リラックス効果も得られるので、ぜひ積極的に取り入れましょう。

入浴

汗腺機能が低下し、日ごろから汗をかかないと、汗の濃度が高くなりにおう汗となります。

そのため、アラフォー女性の汗腺機能を回復するための手段として、入浴は最適です。

入浴する際にはいつもよりぬるく感じる程度の温度で、じっくりと顔から汗が出るくらいまで湯船に浸かりましょう。汗をかくことで汗腺機能が向上し、さらにリラックス効果も重なることで、より体臭予防効果が高まります。

もちろん、入浴前後の充分な水分補給は忘れずに。

衣類の汚れを落とす


衣類に付着したにおい汚れは、洗濯で確実に落とすようにしましょう。

普段の洗濯でどうしても黄ばみやにおい汚れが残ってしまうという方は、普段の洗濯では洗浄効果の高いアルカリタイプの洗剤を使いましょう。冷たい水ではなく、お風呂の残り湯を使って洗うと、より効果的に落とすことができます。

また、何度洗ってもにおい汚れが落ちない衣類には、40℃程度のお湯に粉末タイプの酸素系漂白剤を加え、30~60分程度の浸け置き漂白をすることで、きれいに落とすことができます。

いずれにせよ、においのもととなる皮脂を落とすにはお湯を使うこと。これがポイントです。

どぎつい香水は厳禁!ちょい足しで上品な香りを演出


学校行事やPTA活動に参加する際、どぎつい香水のにおいはご法度。体臭を香水でごまかそうとついつい付けすぎてしまいますが、「ほのかに香る」くらいがベストです。

香水でなくとも、アロマオイルを上手に活用することで、嫌味の無いさわやかな香りを演出することもできます。

まとめ


ママ友同士では、人の体臭をあえて指摘してくれるなんてことがほとんどないので、やはり自分なりに自覚して体臭対策をおこなう必要があります。

適切な体臭予防をして、若いママ友にはない、アラフォーママ独特の魅力を引き出してみませんか?

スポンサーリンク